So-net無料ブログ作成

桑名正博 アンルイス 美勇士

[スポンサードリンク]



桑名正博さんとアンルイスさんの息子の美勇士さんがテレビで桑名正博さんの容体を話されていますね。
桑名正博ホームページ 実家の桑名興業、桑名正博 月のあかり 楽譜と桑名正博 アンルイス 息子 桑名美勇士 ブログについてなど。

月のあかりで有名な桑名正博(58)さんが脳幹出血で倒れられて、意識不明の重体となっております。

脳幹という重要部位の出血であるために医師も手術が行えずに様子を見られているとのことです。

脳卒中、くも膜下出血や脳幹出血の違いや平均発症年齢などブログ下記に記載します。

大阪では知らない人の存在しない桑名正博さん。

桑名正博さんの月のあかりを歌えない大阪の中年男性は存在しないと言われています。

そんな様子をケンミンショーでも紹介されていました。

再婚する前の奥さんがアンルイスさんで、最近では、アンルイスさんと桑名正博さんの息子さんの桑名美勇士さんが仲をとりもって離婚以来の再会をしたとの話もありました。

そんなアンルイスさんも現在、桑名正博さんの回復を願っているとのコメントを出していました。

それと、月のあかりで有名な桑名正博さんは、実家が1830年創業の廻船問屋「桑文」だったらしく現在は、社名を桑名興業としているそうです。

ここのところ、桑名正博さんが倒れられて、アンルイスさんと桑名正博さんの息子さんでミュージシャンの桑名美勇士(みゅうじ)さんがテレビでインタビューを求められて、しゃべっている姿をよく見ますが、再婚した栄子さんとの間にも息子さんがいらっしゃるようで、栄子さんもそちらの息子さんも心配しているでしょうね。

それから桑名正博さんは働きすぎで無理したのではないかとも言われています。

脳幹出血と脳卒中などについてまとめます。

脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血の3つに分類されます。

脳出血の中で脳幹に出血した場合が脳幹出血だそうです。

それから平均発症年齢などについてですが脳出血で60代、くも膜下出血は30代でも発症しうる、脳梗塞は70代です。

桑名正博さんが現在発症した脳幹出血は、脳出血の中でも最も厳しいそうです。

専門のお医者様によると心臓や呼吸など生命維持などを司る脳の中心である脳幹に出血したもので、脳ドッグでも早期発見が無理だそうです。

加えて手術が困難で桑名正博さんも現在、手術できるめどが経っていないとのことです。

脳幹以外の場所の脳が出血していたら手術するのは中心である脳幹を守るために血をとるそうで、それくらい脳幹は大事だそうです。

その脳幹出血の前兆をみつけるのは厳しく突然発症し、死亡率は7割以上です。

ただし後遺症も出ずになおることもまれにあるそうです。

高血圧や老化でもろくなった血管がストレス、急激な運動などで血圧が高くなることで発生する確率があがります。

夜中から朝方が血圧があがりやすいので脳卒中が起こりやすく、暑い夏と寒い冬が脳卒中を起こしやすいので、これからの季節、夏は気をつけることが必要ですね。

桑名正博さんが意識を戻されるのを祈っています。

これからも月のあかりを聞かせていただけるようになることを祈っています。






共通テーマ:芸能
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。